歯並びを整える治療|顕微鏡を使ってくれる歯医者で隅々まで確認してもらおう
歯型と手

顕微鏡を使ってくれる歯医者で隅々まで確認してもらおう

歯並びを整える治療

歯

さまざまな方法がある

歯の矯正は、まだ永久歯が生えそろっていない子供でも、大人でも行うことができます。これから永久歯が生えてくる子供の場合には、あごの骨のバランスを整えることで、永久歯を抜かずに歯の矯正を行う治療も行えます。あごの骨を整えるには、バランスを整えたり、あごの骨を広げるための、専用の装置を使用します。装置は、夜間に装着するマウスピース型のタイプや、フェイスマスク型の装置などがあります。大人の歯の矯正の場合には、骨格ができあがっているので、歯を抜いて治療する場合が多く、ワイヤーを使って歯を移動させる装置を使用します。ワイヤーを使った装置は、歯の表面につけるタイプと、目立たないように、歯の裏側につけるタイプがあります。

虫歯になりにくくなる

歯並びが悪いと、見た目の印象が悪くなるだけでなく、食べ物のカスが詰まって、虫歯や歯周病になるなどの弊害があります。歯の矯正をして、歯並びをよくする工夫をすると、虫歯になりにくくなるメリットがあります。歯並びが悪いと、歯茎が下がりやすくなるので、歯周病が進行しやすく、歯をなくす原因にもなります。歯の矯正をすることで、歯みがきがしやすくなるメリットや、歯周病の進行を抑えられるメリットがあります。歯並びが悪いと、食べ物をうまく咀嚼できず、あまり噛まずに飲みこむなどして、肥満の原因になることもあるため、歯の矯正によって、健康的なプロポーションになれる場合もあります。歯の矯正をすると、発声がしやすくなるため、ナレーターや声優など、声の仕事を目指している人には、職業上のメリットもあります。