抜歯の判断要素や基礎知識|顕微鏡を使ってくれる歯医者で隅々まで確認してもらおう
歯型と手

顕微鏡を使ってくれる歯医者で隅々まで確認してもらおう

抜歯の判断要素や基礎知識

女性

抜歯の判断要素や症状など

親知らずとは、十代後半から二十代前半にかけて生えてくる歯の一種をいいます。その構造上、痛みなどの問題を起こしやすい歯で、中には生えてこない人もいます。基本的に親知らずが生えてきた場合には抜歯が勧められますが、綺麗に生え揃って痛みなどの問題を起こさない場合は、抜歯は必要ありません。ただしその場合には、親知らずを含めて丁寧に歯磨き行うことが重要になります。また、親知らずを抜く場合には、出来る限り若いうちが望ましく、年齢を重ねると癒着するなどして抜歯が困難になる場合が多くなります。まれに、生え方に問題があるものの痛みを伴わない場合には、親知らずの存在に気付かず、歯磨きが十分に行き渡らないことがあるので、注意深く観察することが大切です。

症状やケアの方法など

親知らずの生え方に問題がある場合、それぞれ生え方で程度は異なりますが、概ね共通の症状が表れるようになります。一番よく表れる症状が、神経などを圧迫して起こる痛みや腫れです。この場合頬が腫れるので外部から確認しやすく、医療機関へ行くきっかけになるので確認しておきましょう。また、炎症を起こして細菌が繁殖することもあります。放置しておくことは危険ですが、すぐに医療機関へ行けない場合でも丁寧な歯磨きを心掛けておけば、すぐには重症化はしません。抜歯にかかる時間は基本的に短く、日帰りで帰ることができます。また、麻酔の技術も上がってきているので、安心して治療を受けることが可能です。ただ、どうしても痛みが不安な場合や、抜歯しづらい位置に親知らずがあるときなどには、入院で治療を受けることが出来る施設もあるので、事前に調べておくと効果的です。抜歯前はもちろん、抜歯後においても丁寧な歯磨きは重要です。親知らずを含めて、健康な歯を維持するようにしましょう。